Technical Knowledge

目次

diff/patch

[アプリケーション]

patch の作成・適用。

1 ファイルずつ

# diff -u FROM_FILE TO_FILE > patchfile
# patch < patchfile

ディレクトリ単位

# diff -u FROM_DIR TO_DIR > patchfile
# cd DIR
# patch -p1 -d . < ../patchfile

ディレクトリ以下

# diff -ur FROM_DIR TO_DIR > patchfile
# cd DIR
# patch -p1 -d . < ../patchfile

ディレクトリ以下(追加・削除も含む)

# diff -urN FROM_DIR TO_DIR > patchfile
# cd DIR
# patch -p1 -d . -E < ../patchfile

<2005-08-01 月>

patch で「patch: ** Can't create file D:/home/tmp/cvs/poj15Wn5 : No such file or directory」のようなエラーがでる。

TMPDIR, TMP, TEMP の環境変数のディレクトリを作業ディレクトリとして使うため、一時的に変更する。

# TMPDIR=/tmp patch -p1 < ../patchfile

<2008-03-27 木>

Date: 2021-10-03